忍者ブログ
それなりに長さのある文章置場。 企画っ子とか自宅学生とか自宅っ子とか…とにかく入り乱れで妄想を書き散らかしてます。 よそ様のお子さんをお借りすることもあります。その時は親御さんの名前を明記いたします。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
きてき
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
バトルしたくて…うん…
擬人化とはちょっと違うけども。
擬人化のようでちょっと違う何か。
おおよそゲーム準拠。ただし異なるのは、ポ.ケ.モ.ンも人間も人間の姿をしていること。

街を一個ぽーんと用意して、そこで気ままに遊べたらな~、から誕生。
がっつりバトルしたり、まったり日常生活送ったり、なんでもあり!
時代は現代~ちょっと未来。

【憑人(ツキビト)】
=人間の姿をしたポ.ケ.モ.ン。
霊獣と呼ばれる獣を生まれながらに己の内に宿している。
特殊能力を持った人間。

【霊獣(レージュウ)】
憑人が己の内に宿しているもう一つの霊魂の通称。
基本的に自我や人格はない。
オーラとして視覚可能で、それぞれ異なる姿を持つ。(姿=ポ.ケ.モ.ンの原形)
憑人が使える能力はこの霊獣による。

【真人(マビト)】
憑人ではない人間のこと。
超人的な特殊能力は何も持たないが、掌石を扱うことができる。

【掌石(ショウセキ)】
=もんぼ。
憑人にとってはただの石に過ぎないが、真人が持つことで意味を持つ。
契約した憑人の霊獣をその石に封印することができる。
霊獣が石に封印されている間、憑人は能力の一切を使うことができない。
霊獣の出し入れは掌石の持ち主である真人の思いのまま。
掌石に入れられる霊獣の数は1個につき1つ。真人は一人何個でも持つことができる。
ちなみにお値段は1個300円から。
デザインや性能によって価格が異なる。
壊れにくいよう非常に硬い鉱石でできているものや、契約時間が短時間で済むものは高価。

【契約】
■方法
憑人が、掌石と真人に一定時間以上触れることで契約が成立する。
最も安価な掌石だと5分はかかる。
互いの合意は必ずしも必要ではない。

■効果
真人は、契約した憑人の霊獣を思いのまま掌石に出し入れすることが可能となる。
ただし、契約に使った掌石を“手に持った”状態でのみ、可能。
実質、契約によって直結するのは、「憑人と掌石」であり、「憑人と真人ではない」ため、
掌石を手に持っている真人であれば、石を買ったor憑人と契約した真人でなくても出し入れ可能(もんぼを盗んだようなもの)。
憑人の霊獣を石に入れたままなら能力を規制することが可能だし、出しっぱなしにして能力の使用を憑人の意思に任せてもいい。

憑人にとっては、「大会出場権利を得る」、「わざマシンを使える」ことが主なメリットとして挙げられる。
詳しくは後述にて。

■契約解除
石を破壊すれば契約は破棄される。
(ハンマーか何かで叩き割れば粉々になるが、石の強度によってはできないことも)

【特殊能力】
“特性”と“わざ”に大別される。
特性は、ゲームと同じ。ただし霊獣が掌石の中に封印されている時は特性の効果もなくなる。
わざに関してもゲームと同じ。覚えられるわざは限られている。最大4つまで。
わざを使う際に、霊獣の姿が具現化される。そうじゃない時は見えなくすることも可。

【バトル】
憑人同士でなら能力を使ってのバトルを許されている。
なかには例外もあるが、ほとんどの霊獣は闘争本能があるので、定期的にバトルするなどして発散するのをオススメします。
獣っぽく変身したり姿を変えたりするのもあり。(例:ひっかく、かみくだく)
体から直接わざを繰り出すのも、物を媒介するのもあり。(武器の使用も可)
憑人は憑人の能力で命を落とすことは例外を抜きにほぼない。
憑人→真人への攻撃はこの範疇ではないため、禁止されている。
(霊獣が掌石に封印されている憑人への攻撃も同様)
また、真人を中心としてチームを組み競い合う者たちもいる。
私闘は許可しているが、公式試合を除く賭けバトルは処罰対象。

【大会】
各所で大会が開かれ、10年に一度世界大会も行われる。
そこで優勝すれば、社会的待遇が格段に良くなるのは勿論、富・名声・権力…あらゆるものが手に入るといわれている。
実質的に世界最強と称えられ、世界征服も目じゃない、とも……。
公式大会はすべて、真人がチームを率いていることが絶対条件。
公式大会に出場できるのは真人を入れて最大7人のチーム。
シングル・ダブル・トリプルなどなど、大会によってルールは異なる。
バトルにおいて、真人の役割はスポーツなどにおける監督に近い。
掌石を通じてバトルをしている憑人と意思の疎通が可能で、指示を出したり会話したりすることができる。

■バトル形式
公式大会でメジャーなのは、
「66シングル」、「63シングル」、「64ダブル」、「1on1」、「2on2」の5つ。

「66シングル」
全員出場のシングルバトル。
ルールは「勝ち抜き」と「交代制」の2種類。

「63シングル」
真人を含まない6人から3人選出したシングルバトル。
ルールはこちらも2種類。

「64ダブル」
真人を含まない6人から4人選出したダブルバトル。
ルールはこちらも2種類。

「1on1」
真人と憑人の二人一組で挑むバトル。
もちろん途中交代はできない。

「2on2」
真人×1と憑人×2の三人一組で挑むダブルバトル。
途中交代はできない。2人とも倒れた時点で負け。

後者2つは学生の演習科目にもなっている。

【わざマシン】
契約している憑人のみが使用可能のわざ。
習得する方法はさまざまだが、掌石が必要となる。

【進化】
憑人の霊獣は、生まれた時は皆タネぽけ。
経験を積むと進化することもある。
進化が憑人の外見や中身に反映されたりそうじゃなかったり。

【化石霊獣】
化石ぽけ憑きの憑人は化石が復元されないと能力が開花しない。
身体のどこかに紋様が浮き出ているor珠が埋め込まれているのが目印。
復元のさせ方はさまざま。
復元するまではただの人。(真人でもないので掌石使えないしバトルにも出られない)

【武器】
バトルしてなんぼの世界なので、同時に武器も発達した。
バトル時のみ使用を許可されている。

【学校】
憑人と真人はそれぞれ違う学校に通うケースが多い。
憑人の通う学校では教養科目に加え、バトル科目がある。能力の使い方を学ぶのが目的。
そのため、授業時間が足りず、真人に比べ教養科目の授業は少なめ。
バトル科目のなかには、他校生の真人とバディorチームを組む合同授業や課外授業もある。
ちなみに、バトル大会に年齢制限はないので、学生でも大会に出場できる。


ギモーブ地方・デッカシティが舞台
世界でも指折りの大都会。高層ビルが立ち並び、眠らない街と呼ばれるほど活気に溢れている。
大規模なバトル施設も完備しているため、有名人も多数訪れている。

【デッカシティの各施設】

フルゴール学園
憑人専用特殊能力開発学園。小中高一貫エリート校(編入あり)。
大会で活躍する選手の育成を最優先目的としている。
そのため、教養科目よりもバトル科目の出来を評価する傾向。
服装自由。
ただし見えるところに校章をつけること。(1年生:赤、2年生:青、3年生:緑)
 特待科…成績優秀者のクラス。学費免除。校章に加え、星バッチを見えるところにつける。
 普通科…それ以外の生徒のクラス。

ディアマント学院
真人専用進学校。高学歴の生徒が集まる高校。
制服指定。
学年ごとにネクタイの色が異なる。(1年生:赤、2年生:青、3年生:緑)
 特進科…成績優秀者のクラス。キレ者揃い。学費免除。腕章をつける。
 普通科…それ以外の生徒のクラス。

大箱高校
所得平均~平均以下が通うボンビー高校。憑人、真人どちらも入学できる。
評判は悪い。不良も多いようだ。
バトル科目は選択授業で存在する。が、真面目に授業を受ける者は少なく、私闘が横行している。
制服指定(だが守らない生徒が多い)。

■バトルスタジアム
世界でも最大規模を誇るバトル施設。
大から小まで日々多くの大会が開かれている。
いつでもエントリー受付中。条件に合った相手が見つかればバトルが開始される。
観戦のみもOK!
救護態勢も万全なので安心してバトルしていただけます。

■バトルトレイン
固定タイプの相手とバトルできるアトラクション。
電車に乗って移動し、各駅で待ち受けるスタッフとバトルできる。
真人がいなくてもバトル可能。
ジムバトルと違い、修行orお遊び目的なのでライセンスはもらえない。
が、一定数以上連勝すれば賞品がもらえる。

■ホテルデッカ
バトルスタジアムのすぐそばにそびえ立つ巨大ホテル。
行き届いた細やかなサービスが売り。
レストランやプール、映画館、アパレルなども充実の複合施設。
バトル大会に出場する選手の多くも客として利用しているようだ。

その他、大都会デッカシティにはありとあらゆる施設が備わっている。
図書館からデパート、テレビ局にレジャー施設、大学、小中学校もある。個人経営の修練場なんかも大歓迎。
高級住宅街もあれば、治安の悪い裏通りもある。

おまけ
■ジム
ギモーブ地方の各地にはいくつかジムがあり、ジムリーダーの真人に勝つとバッチがもらえる。
一種のライセンスであり、これによる影響力は絶大。ジムバッチ=ステータス。バッチの数が多いほど凄い。
また、ジム戦で勝つと、賞金+副賞(わざマシン)がもらえる。
ちなみに入場料は取られる。挑戦以外に観戦もOK。
副業しているジムもある(水族館、温泉など)。


Q.真人や憑人の霊獣の種類など、生まれる条件はあるの?
A.
憑人か真人か、生まれる条件は謎。
霊獣の種類も、家系によって傾向があったり全くのランダムだったりいろいろ。
なかには伝説の霊獣を宿す憑人もいる。
だが、広範囲に分布してるコ.ラ.ッ.タ憑きの人は多いし、伝説ポケ憑きの人は何億人に一人だったり。
全体の人口としては、真人より憑人が多い。

Q.真人と憑人の間に差別や偏見はある?
A.
表向きにはない。が、そういった思想の人はいる。
明らかに能力に差があるのは事実なので、公に差別はなくても区別はしている。
公式大会に真人の参加が必須なのも、陰に真人の保護も兼ねている。

Q.憑人にとって真人と契約するのは不利益なことなのになんで契約するの?
A.
人それぞれだけど、メリットとして挙げられるのは、
1.大会に出られる
2.能力の向上(わざマシンが使える)
この2つが大きい。
争い事嫌い・野心のない憑人は契約しない傾向。
この世界では大会が持つ力が大きいため、大会での成績が人生の勝ち組負け組を決定づけると言える。
たとえ縛られる側の憑人でも真人をやりこめば自分の意のままにもできるし。

Q.動物は存在する?
A.
ポ.ケ.モ.ン(原形)はいないが、犬や猫などの動物はいる。
ちなみに、きのみはゲーム中の効果のまま存在する。(例:オ.ボ.ンの実で回復、マ.ト.マはクソ辛い)
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c 妄そう庫 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]