忍者ブログ
それなりに長さのある文章置場。 企画っ子とか自宅学生とか自宅っ子とか…とにかく入り乱れで妄想を書き散らかしてます。 よそ様のお子さんをお借りすることもあります。その時は親御さんの名前を明記いたします。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
きてき
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
誰からも回って来てませんが^^;答えてみたかったので(笑)
ノロシ(拙宅)&ウズ(拙宅)&パプリカ(拙宅) でコンビバトンです!

『ファン☆ファン コンビバトン』
指定:拙宅バクフーン♂ノロシ拙宅オーダイル♂ウズ拙宅メガニウム♂パプリカ

回し先:
拙宅ルマ夫婦

では追記より!



「あー、来たな。」
「急に呼び出して何の用だ。このご時世軍人に暇があると思うか?」
「そういう御託はいいからさ。とにかくここ座れ」
「それで、話って何?」
「これ。」つバトン
「まさか……」
「じゃあ僕帰るね^^」
「俺も」(席立つ)
「ちょっ!っと待てお前ら!! いいから、言いたいことは分かっから。ちょっと待て」
「お前らと遊んでいる暇はない。」
「このゲイと同意見ってのが胸糞悪い事この上ないけど、僕も断固拒否。」
「俺だってイヤイヤ引き受けたに決まってんだろ。これ答えねえと後々面倒くせぇんだよ」
「それって2人でいいんでしょ?だったら君たち2人でやれば?わざわざ3人なんてマニアックな
「なんでそこで声のボリューム上げんの!?!?!周りが変な顔で見てんじゃねえかっ!!!」
「俺が体を許しているのはロートさんだけだ!!!!」
「もうお前死ねよ!!!」
「………」(軽蔑の眼差し)

●お名前と種族を教えて下さい。
「で、なんで結局こうなるのさ」(パフェもぐもぐ)
「…それは俺が聞きてぇよ…」(小声)
(土下座させた挙句この店で一番高いパフェ奢らせやがって…クッ、俺の1000G…)

「ノロシ・ルマ。人間だ。」
「そしてお前は全てスルーするんだな。」
「言っただろう?お前らと遊ぶつもりはない。さっさと終わらせるぞ」
「はいはい。ウズ。亜人。」
「パプリカ。人間。さあ、次行こう。」(もぐもぐ)

●お2人はどんな関係ですか?
「ほら、2人宛じゃん。さっさとセフレって答えなよ」
「や・め・ろ。切実にやめろ。これはあれだろ?テンプレなんだから仕方ねえんだよ!」
「腐れ縁としか言いようがないな。セックスフレンドなどということは断じてない。
俺はローt」
「お前もういいよ。終わってるよ。」
「( ´_ゝ`)」

●お2人の出会いは?また出会ってからどのくらい経ちました?
「あー…話すと長くなるな。」
「いろいろあって現在、でいいじゃん。」
「まあ、そんなところだ。だいたい10年くらいか?そう考えると随分経つな」
「寒気がするね」
「お前はずっと歯に衣着せないな」
「衣着せてこれだよ。」
「へいへい…」

●お互いの第一印象を教えて下さい。
「失礼な人たち」
「お前…。いやまあ、無理やり巻き込んだ形だから仕方ねえけど」
「しかし、パプリカの幻術のおかげで事態を収束できたのも事実だ。俺は感謝したぞ。」
「んー、そういやそうだったな。
第一印象かぁ。そういう意味でなら“スゲェやつ”ってのが確かにそれだな」

「へー。
まあ、第一印象がどうであれ、あの出会いがなければ今こうしてバトンに回答することもなかったんだよね…
そう考えるとさ、あの過去を真っさら綺麗に消し去りたいよね^^」

「珍しくいい事言うじゃねえかと思いきや……お前マジで裏切らねえな」
「ちなみにウズのことは当時から気に食わなかった。」
「あー、はいはい。俺もですよ。」

●それは今も変わりませんか?
「うん。あとノの付く誰かさんがひたすら気持ち悪い。」
「それは激しく同意。」
「今更何を言われても動じない。好きにほざけ。」
「ウズはだいたい変わんないかな。あとノの付く誰かさんがひたすら気持ち悪い。」
「へー。うん、あと俺もそれは激しく同意。」
「俺としては多少の変化があったな。ウズは相変わらず気に入らんが、海賊を辞めたのは評価しよう。
パプリカのその、人を貶めるような発言の数々は反省し改める必要があると感じる。いや、改めろ。
今すぐに!!改めろ!!!」

「だよね。ウズの理解が早いところは感心するよ。あとノの付く誰かさんがひたすら気持ち悪い。」
「おおサンキュ。あとそれは激しく同意。」
「そうやって人を除け者にする!!貴様らの悪いところだ!!!」

●お互いの呼び名は?
「普通に名前で呼び合ってるよね?」
「うんうん。」
「……パプリカ、俺のことを名前で呼んだことがあったか?」
「( ´_ゝ`)??」←何言ってんのこの人、という目
「なんだその顔は!!!」
「次の質問なに?」
「あー」
「無視はいけない!!今すぐ“無視”を8つ目の大罪に加えろ!!!」

●仲は良いですか?
「「「悪い」」」

●相手と入れ替わってみたいと思ったことはありますか?
「死んだ方がマシだよ。」
「悪いが俺も同じ気持ちだ。」
「あ、ウソウソ。ウズとは入れ替わってもいいよ。船旅楽しそうだよね~^^*」
「おお、楽しいぞ~^w^気持ちのいい仲間ばっかだしな。海上戦も燃える!」
「ほう、それは興味深いな。陸軍所属と言えど、海上での戦闘に慣れることもいい経験だろう。」
「お前に俺の体貸さねえからな?」
「……」
「こっち見ないでよ。ホモが伝染る。」

●お互いの良いところ、悪いところを教えて下さい。
「急に挙げろって言われても思い付かねえよ」
「あえて真面目に考えてみる?」
「おお、いいなそれ。」
「嫌な予感しかしないんだが……まあいい。」
~数分後~
「じゃあまずはウズから」
「はーい。よっと(椅子から立ち上がる)
えー、まずパプリカな。良いとこは常に前向きなとこ。悪いとこは精神攻撃の容赦のなさ。
で、次ノロシな。良いとこは模範的な軍人。悪いとこはキモい。以上」

「一言いいか」
「あ、そういうの全部後で。じゃあ次僕ね。
ウズの良いところは思いきりがいいところ。悪いところはずぼらなところ。
ノなんとかさんなんだけど、いくら考えても…っていうか考える気すらおきなかったんだけどね、
ゲイ気持ち悪いのが彼の個性なんじゃないかって。だからそれ以外の形容詞は相応しくないと思うんだ。
もういっそ“ゲイの人”が代名詞でいいんじゃないかって。だからこれからはそう呼ぶよ。
さあ、ゲイの人、次は君の番だよ(⌒▽⌒)」
ゲイではないドドドド
「はあ?何言ってんの?ゲイじゃなかったらなんなの?」
(…ちょっと待て。明らかに不穏な空気になってんじゃねえか…)
「お前ら、ちょっと落ち着け。な?」
「貴様にロートさんへの純粋な愛情を愚弄される覚えはない!」(胸倉掴み)
「おい!ノロシ!!」
「……。じゃあロートさんの人。」
「………そ、それならよし/////」
((きめぇ…))

●"アルセウス"について思うことはありますか?
「さっきの質問でノロシ答えてねえけどいいの?」
「いいんじゃないの?それでまた時間食うのはご免だよ。」
「フフフ///ロートさんの人、フフフフ////」
「あー、アルセウスね。うん、凄いあれだよな。どう思うよ?」
「僕は大して関心ないなぁ」
「俺もそんなとこ。ノロシには聞かなくていいよな」
「うん、いいと思うよ。」

●相手に一言お願いします。
「ほらこれで終わりだよ。2人とも付き合わせて悪かったな。」
「全くだよ、と言いたいところだけど、なかなか楽しかったかな。」
「俺も案外悪い気はしなかった。
新しいあだ名も悪くない。ロートさんへの想いを前面に押し出しているのがいい。」

「アーソウヨカッタネー」
「パプリカ、ありがとう!!」
「どういたしまして。あ、握手はやめてね。つば飛ばすのもやめて」

●答えて欲しいコンビ2組に回してください。
「回せったって…そうすぐには都合つかねえよなぁ」
「身内で回せば?」
「ノロシの親父さん&お袋さんとか?」
「別に構わんだろう。それなら俺が渡しておくが?」
「んじゃ頼むわ。もう1本どうする?」
「そこら辺に捨てとけば誰か持って行くんじゃないの?」
「放置か?得体のしれないフォルムをしているだけに、いらぬ混乱を招かぬか…俺は賛成しかねる。」
「じゃあ置いて行こう。」
「貴様、俺の話を聞いt」
「置いて行こう。さてと僕はこれで帰るよ。」
「………おう^^;」


ひたすらノロシをdisってますが愛のあるdisりであって…心底から嫌いなわけじゃないよ!
…と弁解してみる。
あと同性愛を否定するような発言してますけど、同性愛には理解ある。ノロシだからからかって遊んでるだけ。
ノロシのロートさん好きーも内心は応援してる。

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 妄そう庫 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]